新連載「ヨーロッパ現地レポート」筆者紹介


dscf3380
みなさん、初めまして。
この度、Handball Japan様の場をお借りして連載をさせてもらうことになりました小林 遼平(こばやし りょうへい)と申します。

ドイツ連邦共和国ラインラント・プファルツ州の州都、マインツという町で暮らす29歳です。

大学を卒業後、しばらくの間、東京でサラリーマンをしていました。休暇でドイツを訪れた時にTHWキールの広報、フュクセ・ベルリンの事務局長へインタビューしたことが、私の人生のおける大きなターニングポイントとなりました。プロハンドボールクラブでマネージャーとして働くことを目指して退職し渡独、来年4月からマインツ大学大学院国際スポーツマネジメントコースへの入学を予定しています。
入学準備の為に語学勉強をする傍ら、日本人ハンドボール選手の代理人、ハンドボール関連の翻訳、通訳業務も行い、日本とドイツをつなぐ手伝いをしています。

今後、ドイツを中心にヨーロッパのハンドボール情報(観戦レポート、チーム/選手紹介、観戦情報など)をみなさんにお届けしていく予定です。ただ、僕が書く内容にハンドボールの技術、戦術などテクニカルな視点は皆無です。マネージャーを志す者として、一人の観客としての視点から見たヨーロッパのハンドボールについて綴っていくつもりです。

お届けする情報をきっかけに、一人でも多くの方にハンドボールへの興味、ヨーロッパのハンドボールへの興味を深めてもらえたら嬉しい事この上ないです。

【筆者情報】
小林 遼平(Ryohei Kobayashi)
Twitter:@adkoba
1987年神奈川県藤沢市生まれ。ドイツ連邦共和国ラインラント=プファルツ州マインツ在住
学生時代ドイツへ旅行した際に観たEHFチャンピオンズリーグRhein-Neckar Löwen対FC Barcelonaで感じた興奮と、Gudjon Valur Sigurdsson(Rhein-Neckar Löwen)によるファンサービスへの感動からドイツへの憧憬を覚える。
卒業後、東証一部上場メーカーで勤務するも、休暇を利用して訪れたドイツにて、THW Kielの広報、Füchse Berlinの事務局長へインタビューしたことをきっかけに、ドイツの地でプロハンドボールクラブのマネージャーになることを志し、退職して渡独。2017年春よりマインツ大学大学院国際スポーツマネジメントコースへ入学予定。
現在、入学準備を進める傍ら、代理人、通訳としても活動中。
好きな酒は、日本酒、球磨焼酎、ビア、ワイン

RyoheiKobayashi
1987年神奈川県藤沢市生まれ。ドイツ連邦共和国ラインラント=プファルツ州マインツ在住。日本ハンドボール協会ヨーロッパ特派員。 学生時代ドイツへ旅行した際に観たEHFチャンピオンズリーグRhein-Neckar Löwen対FC Barcelonaで感じた興奮と、Gudjon Valur Sigurdsson(Rhein-Neckar Löwen)によるファンサービスへの感動からドイツへの憧憬を覚える。 卒業後、東証一部上場メーカーで勤務するも、休暇を利用して訪れたドイツにて、THW Kielの広報、Füchse Berlinの事務局長へインタビューしたことをきっかけに、ドイツの地でプロハンドボールクラブのマネージャーになることを志し、退職して渡独。2017年春よりマインツ大学大学院国際スポーツマネジメントコースへ入学予定。 現在、入学準備を進める傍ら、代理人、通訳としても活動中。 好きな酒は、日本酒、球磨焼酎、ビア、ワイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です