ハンドボールの試合時間


ハンドボールは男子、女子で試合時間に差はなく、 年齢によって試合時間が決まっています。

年齢の分け方は、以下の3通りです。
1. 小学生
2. 中学生
3. 高校生以上(大学生、社会人を含む)

各年齢ごとの試合時間

小学生

前半20分、後半20分が基本の試合時間となります。
休憩は、前半後に10分、後半後に5分です。
延長戦は、後半後の休憩後に、10分です。

ちなみに、休憩時間は、どの年代でも同じ時間です。

中学生

前半25分、後半25分が基本の試合時間となります。
休憩は、前半後に10分、後半後に5分です。
延長戦は、後半後の休憩後に、10分です。

高校生以上(大学生、社会人を含む)

前半30分、後半30分が基本の試合時間となります。
休憩は、前半後に10分、後半後に5分です。
延長戦は、後半後の休憩後に、10分です。
ただし、この延長戦は、前後半5分ずつに分けることもあり、その場合は間に1分間の休憩をはさみます。

また、延長戦で試合が決まらなかった場合は、7mスローコンテンストとなります。
各チーム3人ずつ7mスローを行い、3人終了時点で成功者の多いチームの勝利です。
成功者の数が同じ場合、サドンデス方式で、どちらかのチームが成功者の数で上回るまで続きます。

最後に、銘苅さんが決めた7mスローの動画をご覧ください!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。
湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です