ハンドボールのポジションと求められる役割


ハンドボールは、7人で行う競技で、キーパー1人にフィールドプレイヤー6人で構成されます。それぞれのポジション名と役割をまとめてみました。
ハンドボールポジション

ポジション

キーパー

「最後の砦」

相手チームのシュートをセービングし、得点を防ぐのが役割です。

適切なポジショニング、ディフェンスへの指示出し、前に出るかどうかを一瞬で判断する力、前へ飛び出る度胸、最後の砦に求められる能力は多岐にわたります。

また、相手の攻撃を防いだ場合、攻撃の最初の基点になるため、フィールドプレイヤーが走っている場合にそこに向けて正確にパスを出すコントロールも求められます。そのコントロールは、最近の7人攻撃可能のルールに変わってから、より一層重要な能力となっています。オリンピックの試合など観ていると分かる通り、キーパーがどれだけチームのピンチを救うセービングを見せれるかが、勝敗に繋がります。

左45

「チームのエース」

試合で最もシュートを打つことが多く、どれだけシュートを打ち、どれだけ得点を奪えるかが重要となる役割です。

1対1で仕掛けたり、ロングシュートを打つなど、オフェンス面で多様な得点能力が求められます。チームのエースということでこのポジションの選手が得点を決めるとチーム全体が盛り上がることもある一方で、うまくシュートが決めきれないとチームが波に乗れないという場面もしばしばあります。

試合を見ていると、ディフェンスがマンツーマンでついて、左45の攻撃参加を防ぐ場面もしばしば目にします。

ちなみに、Handball Japanの管理人は、このポジションを担っていました。

センター

「チームの司令塔」

フィールドでの攻撃の基点となったり、チャンスと見れば自ら得点を奪いに行く役割です。

そのため、どこで得点を取りに行くか、そこまでどうやって崩しに行くかを判断する戦術眼や、それを周りに適切に伝えるコミュニケーション能力など、プレイヤーとしての能力だけでなく、周りを動かす力も必要となります。

そのため、試合のみならず、普段の練習から周りとの信頼関係を構築し、味方のクセなどを把握することも求められる、非常にやりがいのあるポジションです。

右45

「チームのもう1人のエース」

左45と同様、相手から得点を奪うことが求められる役割です。

ポジションの位置の関係上、特に左利きの選手が入ることが多いです。
チームの中に左利きがいない場合、当然のことながら右利きが入るのですが、その場合いかにして角度を作ったシュートを作れるかなど、左45とはまた違った考え、攻撃方法が求められます。

左45だけでなく、右45でも得点を取れる選手がいると、ディフェンスとしては非常に守りづらくなります。

左サイド

「電光石火の仕事人」

ディフェンスからオフェンスへの切り替え時、サイドを駆け上がり、一瞬のうちに点を取るなど、素早さが求められる役割です。

オフェンスの組み立て時、最後サイドにパスを渡せば、多少角度がなくても決めてくれる。という安心感は、チーム全体にとって非常にプラスです。
また、キーパーからのパスをもらい、一気にゴールまで持っていく様は、まさにサイドプレーヤーとして華々しい姿です。

試合を通して走り続ける体力、角度を作れるだけのジャンプ力など、日々の練習の積み上げによる能力向上が非常に重要となります。

ポスト

「縁の下の力持ち」

味方の攻撃時にディフェンスをブロックしたり、自らシュートを打ちにいったりと、チームの攻撃に欠かせない縁の下の役割です。

コンビネーションプレーの場合、その多くはポストを絡ませたものです。
守備をブロックし、ギャップを作ることでその他のプレイヤーがギャップからシュートを打てるようになります。

また、ポストパスを受け取ると、ディフェンスを背中に背負いながらも、強引にシュートを打ち、得点を奪ったり、相手ディフェンダーに警告を与えたりします。

味方全体の得点可能性を高めるのに欠かせない役割のため、どれだけ味方のチャンスを作れるかが大事となります。

右サイド

「一撃必殺仕事人」

左サイドと同様、素早さが求められる役割です。

ポジションの位置の関係上、特に左利きの選手が入ることが多いです。
左サイドと右サイドの両方が素早く駆け上がると、ディフェンスは両方を守る必要がでてきます。
そのため、どちらかにディフェンスがついていても、もう一方がディフェンスをうまくかわせると、一気に得点可能性が高まります。

求められる能力は右サイドと同様ですが、右サイドの状況をみて、適切な判断が取れるプレイヤーほど、相手の脅威になる存在はありません。

求められる役割はそれぞれ異なりますが、どこか1つでも欠けてしまうと、チームといて一気に攻撃力が下がってしまいます。
各々が役割を果たし、チームで勝利を掴み取れるよう、日々精進しましょう!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。
湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です