リオオリンピックの男子ハンドボール決勝を振り返ろう


男子ハンドボール決勝

リオオリンピックのハンドボール決勝ですが、皆さん覚えてますか??

組み合わせと結果は、このようになってます。

さて、この試合の映像ですが、オリンピックの公式映像としてショートムービーがあるので、そちらをご紹介します。

さて、この試合で感じたポイントをお伝えします。

1. 7人攻撃はまだハイリスクミドルリターンというイメージ
オリンピックの試合では、頻繁に7人攻撃が見られました。
どのチームも積極的に新しい試みをしていて素晴らしいと思った反面、まだそのリスクに見合ったリターンを得られているチームはいないなと感じています。

攻撃から失点につながるパターンが多く、攻めているはずが得点に結びつかず、逆に点を取られる。というパターンがよく見られました。
まだ7人攻撃の戦術を練り上げている最中だと期待し、今後の得点パターンに期待です。

2. エースの不調、得意パターンの失敗でも得点力を落としすぎないチーム作り
オリンピックだけでなく、JHLの試合を観ていても感じるのが「試合の流れ」です。
この試合の流れにより、どうしてもいつもなら点を期待できる選手で点が取れない、得意パターンが失敗で終わる。という時間帯が存在します。
その時間帯をゼロにするより、そういった時間帯がある前提で、いかにして得点力を落としすぎず、得点できるか。がチーム力として問われます。

もうこのパターンで得点できなければ終わりだ。というふうに依存するのではなく、いかにしてリスク分散をできるかが大事なのではないでしょうか。

そんなことを感じさせられたリオオリンピック男子ハンドボール決勝でした!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。
湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です