櫛田監督「我々しか出来ない”初出場初優勝”へのチャレンジ」


今年開催されるプレーオフに、初出場する三重バイオレットアイリスというチームがあります。

 

昨シーズンは、12試合を4勝1分7敗で、7チーム中6位で終えたチームでしたが、今年は本当に大きく成長をしたチームです

 

記者会見で、櫛田監督はこうおっしゃいました。

 

・順位にとらわれず、最後の最後まで勝点を積み上げていこうと貫いたのが、プレーオフの切符を手にできた要因

・プレーオフは、我々しか『初出場初優勝』にチャレンジできない

・勢いそのままに『初出場初優勝』を狙っていきたい

 

櫛田監督のもと、チーム全体の力を伸ばしたのが、このチームです。そして、今シーズンは最終節にHC名古屋に勝利し、プレーオフ進出の権利を獲得するまでとなりました。

 

更に、プレーオフでどんなハンドボールを見せたいか。という質問に対し、櫛田監督は、

・ディフェンスはセンターラインを中心として、確率の低いところで勝負していく

・攻撃は再現性のある攻撃を仕掛けていきたい

・マインドの部分は「Super Violet Soul(スーパーバイオレットソウル)」

 

とおっしゃっていました。プレーオフ初出場初優勝という、まさに三重バイオレットアイリスしか挑戦出来ない過酷なチャレンジですが、応援している側としてはとても楽しみな挑戦です。

 

しかしながら、その挑戦を目の前に、とても大きな課題が発生しています。急遽熊本でプレーオフを開催されることになったため、追加での活動費用が必要となったのです。

 

年度末ということもあり、なかなかスポンサーの方から資金提供をいただくのは難しい中、三重バイオレットアイリスはクラウドファンディングで自ら活動資金を集めています。
初のプレーオフ出場決定!三重バイオレットアイリス、いざ熊本へ!(クラウドファンディング)

 

ここで、三重バイオレットアイリスのお話をさせてください。

 

三重バイオレットアイリスのスローガン「会いたいクラブ宣言」をご存知ですか??

 

これを感じたのが、プレーオフを決めた最終節のHC名古屋戦です。
最終節 vs HC名古屋(JHL TV)

 

愛知県の試合ながら、三重バイオレットアイリスを応援する声が響き、ファンの方がどれだけ待ち望んだ結果だったかが分かります。

選手達だけでなく、チーム全体で積極的な発信し、いかに掲げてあるスローガンを愚直に実行しているかが分かります。

Youtube Channel:三重バイオレットアイリス
Twitter:三重バイオレットアイリス
Facebook:三重バイオレットアイリス

これだけ愛されているチームが、初出場初優勝する瞬間を楽しみに、是非クラウドファンディングのご検討よろしくお願いいたします!!

初のプレーオフ出場決定!三重バイオレットアイリス、いざ熊本へ!(クラウドファンディング)

プレーオフ概要

日時:2017年3月25日(土)〜26日(日)
会場:アクアドームくまもと

準決勝(25日)
第1試合:三重バイオレットアイリス vs 北國銀行(13:10〜)
第2試合:オムロン vs 広島メイプルレッズ(15:10〜)

決勝(26日)
準決勝の勝者同士(13:15〜)

Handball Japanの更新は、公式Twitterにて受け取れます!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。 湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です