【日本大学3年 田中大介さん】「いかなる時も 遊び心を」磨き続ける独自のプレイスタイル


高間さんにインタビューした時に、

「日本大学で、とっても上手い選手がいるんですよ!!」

とのことで、日本大学キャプテンの田中さんを教えていただき、インタビューが実現しました!!田中さんの独特の語り口、そして、日本大学のハンドボール部の魅力を是非感じ取ってください!!

インタビュー開始

安部
田中さん、初めまして!!お会いで出来るの楽しみにしていました。

本日はよろしくお願いいたします。


田中さん
よろしくお願いします!!

安部
正直に申し上げますと、、、あまり日本大学のハンドボール部について知らないんですよ。

学生リーグの観戦の際に、日本大学の綺麗な体育館に来たことがあるのと、あとは妙に強いというイメージがあります。是非、色々と教えてもらえるとありがたいです!!

田中さん
そうですね、日本大学は地味だと思います笑

徳田君や安倍君のように世代を代表する選手がいるわけでもなく、高校時代に有名だった選手もいないです。

安部
ただ、かなり良い成績を残していますよね!!

確か、昨年の秋リーグの終盤、僕の応援している早稲田大学が良い順位につけてたんですよね。これで、次の日本大学に勝てたら、かなり良い順位で終われるぞ!!と思っていたら、日本大学ががっつり勝ったんですよね。

やっぱり日本大学って強いんだ。とはっきり意識しました。

田中さん
昨年は、春、秋両方3位と、好成績を残せました。

今年度のインカレはベスト16でしたが、1年生の時は準優勝、2年生の時は3位でした!!

安部
やっぱり、めちゃくちゃ強いですね!!

ちなみに、田中さん個人も、3年時の秋リーグで特別賞受賞していましたよね??

田中さん
はい、いただけると思っていなかったのですが、特別賞いただけました!!
安部
ちなみに、なぜ特別賞を受賞出来たと思いますか??
田中さん
うーん、難しいですね笑

もしかしたら、出場時間の割に、得点を沢山取れたからかもしれません。スタメンではなかったのでセンターとして1試合あたり40分程度の出場時間でしたが、9試合で50得点以上取れたのが大きかったように思います!!

田中さんのプレイスタイルについて

安部
出場時間に対して、それだけ得点を取ってたんですね!!ちなみに、田中さんって、どんなプレイスタイルなんですか??
田中さん
一言で言うと、気持ち悪い。ですかね。
安部
その表現斬新ですね!!笑

具体的には、どんなプレーをするんですか??

田中さん
基本的には、6m〜9mの間でプレーしてます。

相手に接触されるかどうかの、ギリギリのラインを保ちつつ、相手の意表をつくプレーをしています。

安部
へぇ〜、それは珍しいプレイスタイルですね!!なぜ、そのプレイスタイルに行き着いたんですか??
田中さん
トヨタ自動車日本の川端選手が、このようなプレイをしていたのを参考にしたのがキッカケです。

最初は遊びでやっていたのですが、思ったよりシックリきました。3年生の夏休みから始めたスタイルなので、まだ日は浅いです。

安部
言われてみると、僕がディフェンスなら田中さんを守りづらそうですね。

ディフェンスは、経験に基づく予測と目の前の動きから成り立つと思ってます。なので、その予測部分がことごとくズラされてしまうと、守りづらくて仕方ないと思います。


※ちなみに、田中さん(センター,背番号14)の相手の意表をついたプレーは、このようなものがあります。これは守りづらい。。。

日本大学のハンド部について

安部
そう言えば、日本大学ってどんな練習をしてるんですか??
田中さん
練習の大半は試合をしています。2対2といった部分練習は、ほとんどしていません。

突出した個人がいないからこそ、チーム全体でいかに相手を崩し、点を取るかを大事にしています。そうした崩し方、守り方を試合を通じて学んでいるということです。

安部
ええ、意外だ!!てっきり、徹底的な2対2から、チーム全体の底上げをしてるもんだと思ってました!!個人練習なんかはありますか??
田中さん
土日にフリー練習があります。

フリー練習では、個々人が自分の課題を見つけ、その解決のために必要な練習をする時間です。コーチからアドバイスをもらうこともありますが、あくまでも主体は僕達自身にあります。

安部
そうした主体性と試合に即した練習が、日本大学の強さの秘訣なのかもしれませんね!!

新コーナー:意外と答えづらい、初心者からの質問

安部
今回、ハンドボールをしたことも、見たこともない人から、質問を集めてきました。その中から、これは是非聞いてみたいという珠玉の質問を3つします。

第一問:なぜ、ハンドボールを続けているのですか??

この質問の意図は、「大学でハンドボールをしている人が珍しいイメージがある」「運動神経が高そうだから、人気が高いサッカーや野球をやらないの?」といったことがあります。

田中さん
僕は小学4年生からハンドボールを始めたのですが、その前は野球をやりたい。ってめっちゃ父親にゴネてました笑

ただ、そこからずーっとハンドボールをし続けてるのは「駆け引きの面白さ」にハマっているからだと思います。ただ得点を取るのではなく、相手を目論見通りに崩し、点を取ることが楽しいです!!

安部
ハンドボールをやめたいと思ったことはないんですか??
田中さん
一度もないです!!ハンドボールは生活の一部になってます!!

世代が上がると、新しいハンドボールに気づけるので、いくらプレーしても、したりないです!!

安部
おぉ、めちゃくちゃ熱いですね!!では、それに関連した質問で、

第二問:初めてハンドボールを観る人には、試合のどこに注目して欲しいですか??

田中さん
やはり「選手の駆け引き」です!!

豪快なシュートや、激しいボディコンタクトも観ていて楽しいですが、一つ一つのプレーに選手同士の駆け引きが隠されています

今の得点は、どういったプレーがあったから得点を取れたのか、相手のシュートをいかにして止めることが出来たのか。その駆け引きに注目して欲しいです!!分かりづらいとは思いますが笑

安部
そうですよね、ハンドボールはいかにギャップを作って、そこを突こうとしているのか考えながら観ると、また面白さがグッと上がりますよね!!それでは、最後の質問です。

第三問:ハンドボールを観たい!!という方には、どの試合を観て欲しいですか??

田中さん
例えば、JHL.TVでJHLの試合を観て欲しいです。特に3月にはプレーオフがあるので、現地に足を運ぶのも良いと思います!!

そして、なによりも関東学生リーグの試合を是非見に来て欲しいです!!

安部
ずばり、今年の日本大学は、どこに注目して欲しいですか??
田中さん
圧倒的にスゴい選手はいないかもしれませんが、ハンドボールが上手い選手ばかりです!!

そのため、いかにしてチームとして得点を奪い、いかにしてチームとしてゴールを守っているのか。という点に注目して欲しいです!!

最後に

安部
それでは、最後に大切にしている言葉を教えてください。

田中さん
「いかなる時も 遊び心を」です!

僕のプレースタイルを表す言葉で、「スゴい」プレーではなく「ワクワク」するようなプレーでハンドボールを楽しめたらなと思ってます!!

以上、田中さんが大事にしている言葉でインタビューを締めくくりました。田中さんは「僕より徳田君や西山君を観てください」って言ってましたが、僕は春季リーグ、日本大学のハンドボール部、そして田中さんの活躍に注目してます!!

Handball Japanの更新は、公式Twitterにて受け取れます!!

Masanori Abe

中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。
湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

This article has 1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です