【U-22東アジア選手権(3日目)】日本女子は中国に競り負ける(写真付き)


岩手県花巻市にて開幕中の東アジアU-22ハンドボール選手権3日目、11時より中国 vs 日本の試合が行われ、25 – 23にて敗北しました。

試合の流れ

前半

日本のスタメンは、
#26 榎和奏選手
#28 並木梨紗選手
#29 大松澤彩夏選手
#33 吉田端萌選手
#35 中山佳穂選手
#36 相澤菜月選手
#38 吉留有紀選手

試合開始早々、中国が3連続得点で勢いにのります。
日本は選手を頻繁に入れ替え、最初の得点は #30 行本選手でした。

1点取ると、徐々に攻撃にリズムを取り戻し、 #29 大松澤選手、 #36 中山選手が得点し、前半15分同点に追いつきました。

その後も一進一退の攻防が続き、前半は11 – 12 と日本が1点リードで折り返します。

後半

後半に入ると、中国が得点、日本の #35 中山選手が得点、再び中国が得点と一進一退の攻防が続きます。

その後、 #28 並木選手の2分間退場もあり、中国が4点リードへと一気に差を広げました。

日本はワイドに広がっての攻撃で、相手の間を突くようしかけ、また #26 榎選手のナイスセーブもあり、2点差にまで縮めるもそこからの2点が遠かった。

最終スコア 25 -23 の2点差での敗北となった。

この後、
17:00より 日本男子 vs 香港 → https://web.playerapp.tokyo/live/4902

7/1(土)・2(日)のみ有料、他の日の試合は無料ですので、是非現地で応援出来る方、よろしくお願いします!(僕も現地にいます😃)
チケット情報:http://www.handball.or.jp/ticket/index.html

 

Handball Japanの更新は、公式Twitterにて受け取れます!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。 湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です