【U-22東アジア選手権(3日目)】日本男子は香港に圧勝(写真付き)


岩手県花巻市にて開幕中の東アジアU-22ハンドボール選手権3日目、15時より日本 vs 男子の試合が行われ、42 – 19にて勝利しました。

試合の流れ

前半

日本のスタメンは、

試合開始すぐは、お互いが1点ずつ入れるも、いきなり守備力の高さ、そこからの速攻の早さを見せつけ、一気に8連続得点で9-1に広げます
日本は小澤選手、牧野選手、徳田選手、田里選手、玉川選手が得点を取るなど、あらゆるポジションから点を重ねていきます。

前半13:56に香港がタイムアウトを取ると、日本選手は攻撃メンバーを全員交代させます。

その後も攻撃の手を緩めることなく、得点を量産し、前半終了時点で29-8の21点リードとなります。

前半終了間際、7mスローを決める田中選手

後半

後半に入っても日本の勢いは変わらず、後半開始早々徳田選手と田里選手のコンビでスカイプレーを決めます。

その後、 坂井選手がノーマークをセービングするなど、ディフェンスも前半同様堅い守りを見せます。

相変わらずとんでもない跳躍力の徳田君

そして、最終スコア42-19の23点差で日本は勝利し、見事2連勝を達成しました。

次戦は、7/1(土)のvs中国戦、お楽しみに!!

中国戦は、こちらで速報予定です →  https://web.playerapp.tokyo/live/4904

 

Handball Japanの更新は、公式Twitterにて受け取れます!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。
湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です