【U-22東アジア選手権(日本女子)】香港に快勝、大量47得点(写真付き)


7/1、5日目を迎えたU-22東アジアハンドボール選手権は11時より日本女子が香港と試合をし、47-10の37点差で勝利しました。

試合の流れ

日本のスタメンは、

 

試合開始直後から、相手に得点を与えず、得点を量産する理想的な展開。香港がようやく1点を取ることが出来た時、すでに日本は8連続得点を奪った後だった。

その後も堅い守備からの速攻で得点を重ね、ハーフタイムを挟みながらも最大12連続得点を見せた。

試合は
前半 21 – 4
後半 26 – 6
で、合計47 – 10で終了した。

 

写真ご紹介

試合開始前

 

本日のMVP

MVPは、#31 鈴木選手でした、おめでとうございます!!

日本女子は、いよいよ7/2の13時より韓国戦に臨みます。

こちらで速報予定 → https://web.playerapp.tokyo/live/4905

Handball Japanの更新は、公式Twitterにて受け取れます!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。 湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です