【U-22東アジア選手権(日本男子)】黄金世代強し、中国を圧倒(写真付き)


7/1、5日目を迎えたU-22東アジアハンドボール選手権は17時より日本男子が中国と試合をし、34-14の20点差で勝利しました。

試合の流れ

日本のスタメンは、

試合は、終始日本が攻守共に圧倒し、中国を一切寄せ付けませんでした。

#13 牧野選手が試合序盤から連続得点
#3 徳田選手と#2 堀選手がスカイプレーを決め
#7 田中選手が一対一で、連続して2人の退場者を出す鋭さ
#15 安倍選手がロングシュートを決め、会場を大いに盛り上げる

など、色々な選手が活躍し、頼もしい試合でした。

得点者一覧

#2 堀広輝 3得点
#3 徳田新之介 7得点
#4 水町孝太郎 1得点
#5 玉川裕康 2得点
#7 田中大介 2得点
#9 西山尚希 1得点
#10 大谷由岐也 1得点
#11 小澤尚平 4得点
#13 牧野イサム 4得点
#14 中野尚 1得点
#15 安倍竜之介 5得点
#19 山田信也 3得点

 

写真ご紹介

試合開始前

 

本日のMVP

MVPは、#15 安倍選手でした、おめでとうございます!!

日本男子は、いよいよ7/2の15時より韓国戦に臨みます。

こちらで速報予定 → https://web.playerapp.tokyo/live/4906

Handball Japanの更新は、公式Twitterにて受け取れます!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。
湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です