【慶應義塾大学2年 升澤圭一朗さん】文武両道で、更なる高みへ


Handball Japanで大人気となっている記事、ますトレのトレーニング公開者である慶應義塾大学の升澤さんに、インタビューを行いました!!

 

筆者は、升澤さんのバイト先であるmelisにて、彼と会話したことがあり、その時に

 

「なんと礼儀正しい好青年なんだ。もっと升澤さんとお話したい!!」

 

という個人的な要望がふつふつとわき、升澤さんにインタビューを申し込ませていただきました。

 

今回のインタビューのテーマは「高校生に向けて」ではありますが、升澤さん自身のハンドボール人生を振り返りつつ、そのテーマのみならずハンドボールについて升澤さんの熱い思いを是非感じ取ってください!!

インタビュー開始

安部
melisでお会いした時から、是非じっくりお話してみたいなと考えてました。本日はよろしくお願いします!

升澤さん
はい、よろしくお願いします!

ハンドボール人生

安部
升澤さんって、どんなハンドボール人生を歩んできたんですか??

升澤さん
始まりは、小学校の頃、仲の良い友人からの誘いです。女子チームが非常に強い地域でしたが、男子チームは人数も少なく、僕含めて4人しかいませんでした。

ハンドボールをやるからには試合をしたいなと思い、友人に声をかけて7人まで増やしました。またスタッフの方の協力を得て、監督をやってもらえる方も見つけてくださいました。

安部
なかなかアクティブな小学生だったんですね。升澤さんがいた福井県は、実業団チームの北陸電力もいますよね??

升澤さん
はい、自分たちがメインで練習をしていたのは小学校の体育館でしたが、地元の木田ブルーロケッツ(現在の北陸電力Jr)との合同練習の際に、北陸電力が所有している体育館をお借りしました。そこは2面コートで、1面が自分たち小学生が練習を行い、もう1面は北陸高校が練習をしていました。

安部
後々升澤さんが進学する北陸高校が、意外と身近な存在だったんですね。

升澤さん
その北陸高校のプレーを見ていると、やはりめちゃくちゃ上手なんですよね。そのプレーを見ているうちに、自分も北陸高校でプレーをしたいと憧れるようになりました

文武両道

安部
僕の中では、ハンドボールの強豪校だと、勉学よりもハンドボールばかりに集中しがちというイメージを持っています。升澤さんは、どうでしたか??

升澤さん
僕は両親の教えである「文武両道」を大切にしており、ハンドボールだけでなく、勉強もしっかりとやりきります。そのため、遠征先でも欠かさず勉強をしていました。

安部
それは、本当にスゴいですね!僕が遠征していた時は、ここぞとばかりにトランプとかして遊んでいましたよ。

大学選び

安部
melisの升澤さんの記事を拝見した時に、「大学は悩みに悩んだ挙げ句、慶應義塾大学に進学しました」という一文が、とても気にかかりました。

どういった理由から、大学選びは悩んでいたんですか?


升澤さん
高校時代、関東1部でのプレーを視野に入れ、いくつかの大学を候補と考えていました。その大学選びでは「文武両道」をどう実現するかという点で悩みました

安部
升澤さんが悩んでいた「文武両道」の実現を、より詳しく教えて欲しいです。

升澤さん
両親の教えである「文武両道」は、大学でも継続していきたいと考えていました。
そのため、「武」のハンドボールだけで環境を選ぶのではなく、「文」の勉学もレベルの高い環境に身を置きたいと考えました。勉強は、自分自身の可能性の幅を広げてくれるものだと信じています。

安部
関東2部に所属する慶應義塾大学への進学は、「武」という観点からはどう考えていますか??

升澤さん
2部であるからこそ、挑戦出来るものがあると思っています。チームを1部に昇格させるというチャレンジが、自分自身をより高める機会になると考えています。

高校生に向けて

安部
高校でのハンドボールと大学でのハンドボールを比較して、今の高校生に何かメッセージをお願いします。

升澤さん
「海外のプレー」を見て欲しい。ということに尽きます。

安部
その背景を教えてください。
升澤さん
高校と大学のハンドボールでは、フィジカルが大きく異なります
例えば、スピードに自信がある選手であっても、片腕だけで止められてしまうこともあります。

フィジカルの重要さは、フィールドプレイヤーに限らず、ゴールキーパーも同様に増してきます。空中での動きや、スライディングで体がぶれないためにも、フィジカルが大事です。

安部
なるほどですね。確かに升澤さんを見ても、体ががっちりしていますもんね。

升澤さん
しかしながら、世界基準で見ると、日本の大学ハンドボールのフィジカルはスゴいわけではありません。当然、海外の方が、非常にレベルの高い選手ばかりです。

そのため、まずは「海外のプレー」を見て、世界基準を知って欲しいです。そして、世界基準でフィジカルを鍛え上げていき、結果としてそのフィジカルは大学ハンドボールでも通用するなというのを感じて欲しいです。

最後に

安部
升澤さんの熱いメッセージをどうぞ!!

 

升澤さん

まず「夢を持って欲しい」です。そうすることでどんなツラいことでも耐え、夢を叶えようと努力することが出来ます。
そして「謙虚に、真摯に、貪欲に」という、自分の座右の銘を、皆さんにお伝えしたいです。

謙虚さがあれば、周りの言葉に耳を傾け、自分の課題を受け入れられる。
真摯さがあれば、その課題を熱心に解決しようとできる。
貪欲さがあれば、その課題解決のために徹底的に行動できる。

是非、夢に向かって「謙虚に、真摯に、貪欲に」邁進していってください!

安部
升澤さんが向かい続ける夢は何ですか??
升澤さん

慶應義塾大学に進学した時から、僕の夢は「ハンドボールのアメリカ代表監督になる」ことです。

ご存知の通り、アメリカは、NBAにせよNFLにせよ、非常に高い身体能力を持ち、そして世界一の強さを誇っています。しかしながら、アメリカのハンドボールは国際的には弱いのが現状です。

他のスポーツで世界一になれるだけのポテンシャルのあるアメリカで、僕が代表監督となり、彼らのポテンシャルをフルに発揮し、オリンピックでの優勝を果たしたいです。

自身の「ハンドボールのアメリカ代表監督になる」という夢を熱く語っていただき、今回のインタビューを終えることとなりました。

升澤さんが所属している慶應義塾大学のハンドボール部が気になった方は、是非こちらのホームページでご確認ください!

慶應義塾大学 ハンドボール部

 

以上、慶應義塾大学ハンドボール部升澤さんへのインタビューでした!!

Handball Japanの更新は、公式Twitterにて受け取れます!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。 湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

This article has 1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です