【早稲田大学3年 西山尚希さん】香川中央で培ったメンタルが、今の自分を支える強みに


筆者である安部は早稲田大学出身ということで、大学時代に限らず、今もずーっと早稲田大学のハンドボール部を応援しています。ましてや、自分の出身県で驚愕の強さを誇った香川中央高校(通称”香中(かちゅう)”)の選手がレギュラーで頑張っているとなったら、これはもう応援せねば!!と、ずっと応援していました。

 

そして、早稲田大学に進学した香中の選手は、久保龍太郎選手、内海祐輔選手と、素晴らしい選手が多く、西山さんの活躍も当然のことながら把握しておりました。

「昔っから、香川中央はすごすぎてヤバい。と聞いていたけど、果たしてどんなヤバさがあるのか聞いてみよう」※ちなみに、筆者は高校生最後の県大会で香中と準決勝であたり、ボロックソに負けました。

 

と思い、西山さんにインタビューを申し込ませていただきました。インタビューを通じて、「やっぱり、香川中央スゴい!!と言うより、西山さんがすごすぎる!!」と強く思いました。是非、香中で鍛えられた西山さんの魅力を感じ取ってください!!

 

インタビュー開始

安部
西山さん、初めまして!!学生リーグの観戦にはちょいちょい行っているので、西山さんの活躍は拝見していました!!

本日はよろしくお願いいたします。


西山さん
はい、よろしくお願いします!

安部
僕は香川県の高松高校出身なのですが、高校進学時に香川中央高校に行こうか悩んだ時期があったんですよ。

ただ当時は「弁護士」になりたくて、勉強を一番大事にしようと、高松高校に進学を決めました。まぁ、そう言うと聞こえは良いと思うんですが、部活の練習が激しそうだし、監督怖そうだしな。。。みたいな後ろ向きな理由もあります笑

もしかして、あの時にハンドボールを一番大事と考え、香川中央高校に進学していたかも、そしたら僕はどんな人生を歩んでいたんだろうかと、想像する時もあります。

なので、今回は香川中央高校のハンドボール部の頃の話しを中心にインタビューさせてもらえたらなと思います。西山さんは、香川中央高校でハンドボール部に入るために進学を決めた時、不安に思うことってなかったんですか??


西山さん
僕が中学3年生の時に、香中の内海さん達の代が全国制覇を成し遂げました。その姿を見て、やるぞ!!と気合が入っていました。

それ以外にも、県選抜で一緒に戦った仲間たちも何人も香中へ進学すると聞いていたので、すごい心強かったです。なので、ハンドボール部に入れることをとても楽しみにしていました!!

安部
おぉ、それはかなり気合入ってますね!!

西山さん
ただ、香中の合格発表の時に、大学入学前のハンドボール部の方とお話する機会がありました。その時に

「3年間、地獄だと思うけど、頑張ってね」

と、サラッと言われたのを覚えています笑


安部
おぉ、サラッとスゴい言葉を言われちゃいましたね笑

西山さんが入部されてから、中学とのギャップで驚いたのはどういった部分でしたか??

西山さん
僕の出身中学校である桜町中学校は、練習コートが2日に1回しか使えず、練習というよりは遊びに力を入れちゃうヤンチャなチームでした笑

そのため、高校に入った時は、練習量のギャップに驚きました。

※かなりローカルな話しですが、僕の出身中学である光洋中学校(現:高松市立高松第一中学校)と桜町中学校は比較的近い距離にあります。そんな縁もあり、僕が中学校でハンドボール部に入学し、初めて練習試合した相手は桜町中学校でした。

安部
僕の耳にも「香中は練習量がスゴい」といった噂は流れていましたが、やはりそうだったんですね!!

ちなみに、先日インタビューした小林さんも「香中の練習量はスゴい」って言ってましたよ。

西山さん
聞いたところによると、全国でも3本の指に入るらしいです笑

安部
そう言えば、僕は高校生最後の県大会で香中と準決勝であたったんですが、その試合以外で、香中と試合したことなかったんですよね。

それで高校の時の僕は「香川中央って、ずっと自分たちの高校だけで練習してるのかな」と思ってたんですが、先日北陸高校の升澤君が「香中と練習試合しましたよ」と言っていたのが、「え!練習試合してたんだ!!」と、衝撃的でした。


西山さん
そうですね、遠征は月に1回と、かなりの頻度で行っていました。

県内での練習試合は年に1回あるかないかだと思います。

安部
確かに、県内では敵なし!!という感じで、なかなか練習相手が務まるチームもいなかったですしね。

そう言えば、ウェイトの練習も力は入れていたんですか??

西山さん
はい、顧問の河合先生がウェイトの重要性を説いていたので、高校生にしてはしっかりとやっていた方だと思います。

安部
確かに、思い返してみたら、試合した時のディフェンスの当たりが、めちゃくちゃ激しくて、重かったですね。。。

この前、小林君にインタビューした時に、「早稲田大学は、しっかりとウェイトに力を入れている大学です。」と言っていましたし、高校、大学と通じてしっかり体作りはできてるんですね!!

ちなみに、高校の時の最高成績は、どの位だったんですか??


西山さん
国体の準優勝が最高成績です。

安部
そうだったんですね!!あの香中より上の高校がいるなんて、想像出来ないです笑

高校の試合で、印象に残っている試合ってありますか??


西山さん
はい、2試合あります。1試合目は、高校2年生の国体で、3年生の先輩と出来る最後の試合でした。
試合終盤、ディフェンスを抜いてシュートを打ったものの、オーバーステップで得点が入らなかった時があります。どうしてもその1点が欲しかった場面だっただけに、もしその時に笛がならずに得点が入っていたら、何かが変わっていたのかも。。。と、悔しい思いをしました。

安部
なるほどですね。試合終盤だからこそ、心に強く残りますよね。

西山さん
ただ、監督である河合先生が、

「終盤であれだけイケたのなら、最初からいっておくべきだった」

と、その時の判定をどうこう言うのではなく、そうした判定に左右されないような状況を自ら作り出していくべきだったという意図を込めてだと思いますが、そう言われました。


安部
なるほど、どうしようも出来ない部分に目を向けるのではなく、自分が変えられるところに力を入れるということですね。

印象に残った試合の、もう1つはどんな試合だったんですか?? 


西山さん
2つ目は、3年生の時、国体の準決勝で藤代紫水とした試合です。

実は、1つ前の試合で、正GKが怪我をしていました。試合は一進一退の攻防が続き、延長でも決着がつかず、7mスローコンテストとなりました。

その7mスローコンテストの一人目である僕が、大事なシュートを外してしまいました。

取り返しがつかないことをしてしまったぞ。。。と思っていると、正GKが「僕に行かせてください」と、顧問の河合先生に直訴して、その後2本シュートを止めて、見事勝利出来たのは今でもこころに残っています。

安部
おぉ、それもスゴいですね。危機的な状況をチーム一丸となって乗り越えるのは、心に残りますよね。

ちなみにですが、話しの途中に出てくる顧問の河合先生ですが、正直に言いますと、僕のイメージは「激烈に怖い人」だったんですよ。まぁ、言ってしまうならですね。
※イメージ図

河合先生に関するエピソードって、何かありますか??


西山さん
そうですね、僕達のテーマが「打倒、河合」で、そのTシャツもありました笑

ただ、そのフレーズは河合先生公認で、厳しく教えてくれる河合先生を倒せる位、練習や試合に取り組むという意味を込めた作られたものでした。

早稲田大学

安部
僕、関東学生リーグのパンフレットで、各大学のメンバー入りしている選手の出身校眺めるの、すごい好きなんですよね。

そうすると、香中出身の選手って、ほぼほぼいないなぁ〜と気づいたんですよ。西山さんの同期は、あまり関東に来られてないですよね??

西山さん
はい、そうですね。同期の多くは関西方面に進学していますね。

安部
なぜ西山さんは早稲田大学に進学されたんですか??

西山さん
高校2年生の時に、久保先輩から勧められたのが大きかったです。

僕が高校2年生の時、久保さんが香中に実習生として戻られました。その時、1対1で話してくださったタイミングがありまして

 

「早稲田大学含め関東1部には、色んな生徒が集まってきていて、とても面白いところだと、俺は思う」

 

と教えていただき、その頃から早稲田大学への進学を意識し始めました。

早稲田大学には自己推薦という形で受験をし、無事合格出来ました。

安部
久保さんが早稲田への進学を勧めてくれたんですね。

そういった先輩から道を教えてくれるって、嬉しいですね。

※ちなみに、これまた全く関係ない話しですが、僕は早稲田大学在学中、早稲田ハンドボール部のTシャツを久保さんから購入したこともあったが、あまりにも関係なさすぎて、インタビュー現場でその話しを伝える勇気はありませんでした。

安部
早稲田大学のハンドボール部として戦っていく上で、香中時代に得たモノで一番役に立っているものはなんですか??
西山さん
一番役に立っているのは、高い集中力を維持し続けるメンタルです。

練習時間が長かったからこそ、どれだけ長く集中し続けられるか、また疲れている状態でも疲れに負けずに集中力を切らさないということを学べたのが一番大きな部分です。

安部
そうした環境だからこそ得られた、西山くん自身の強みになるポイントですね!!
西山さん
一方、大学では短期間でガッと集中力を高めて、今まで以上に濃度高く練習することが求められます。

そして、特に学生主体で「勝つ」ためにはどうするかを考えて、練習メニューを組んでやるのは、今までとは異なる挑戦です。

最後に

安部
それでは、最後に大切にしている言葉を教えてください。

西山さん
大切にしている言葉は「勇往邁進」です。

高校時代、スポーツイベントハンドボールで全国大会に出るチームを紹介している記事を読んだ時に、僕達のチームの言葉で「勇往邁進」とあり、今でもこの言葉を大切にしています。

インタビューを始める前は「香川中央高校の選手と話すなんて、恐れ多いな。。。」なんて思っていたのですが、いざ話し始めると、かつてからの聞きたい思いが溢れまくったインタビューとなりました。

西山さんの所属する早稲田大学の2017年度春季リーグの闘い、もちろん応援しています!!

以上、早稲田大学3年西山さんへのインタビューでした!!

Handball Japanの更新は、公式Twitterにて受け取れます!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。
湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

This article has 3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です