【日本体育大学3年 友兼尚也さん】「団結和協」で、チームの勝利に貢献を


東海大学の佐藤立盛さんへインタビューをした際に、佐藤さんにこう相談しました。

 

「佐藤君並に、面白い他大学のハンドボーラーっているかな??」

 

そうすると、佐藤さんはしばらく考え込んだ後に、

 

「日体の友兼がオススメですよ」

 

ということで、日体の友兼さんにインタビューするしかないと、インタビューを申し込ませて頂きました!!友兼さんの魅力あふれるインタビューとなりましたので、是非ご一読ください!!

インタビュー開始

安部
友兼さん、初めまして!!佐藤さんに「面白い人、いるかな?」と相談して、友兼さんをオススメして頂いたので、インタビュー申し込ませて頂きました!!

本日はよろしくお願いいたします。


友兼さん
立盛から、その話しは聞いています笑

よろしくお願いします!!

安部
僕、青葉台駅に来たのは、2年ほど前に学生リーグの試合を観に来て以来かなと思います。駅前のバスで日体のキャンパスに行けることに気づかず、ずっと歩いて体育館まで行ったのが懐かしいです。

友兼さんは、いつ頃からハンドボールを始めたんですか??

友兼さん
小学生の低学年の頃、当時ハンドボールをしていた姉と、その友人の弟の影響で始めました。
安部
おぉ、小学生で、ハンドボールをしている人が周りに沢山いるのって、珍しいですね。

出身はどちらなんですか??

友兼さん
福井県です。福井県は、ハンドボールがかなり盛んな地域ですね。

僕達が小学6年生の時は、全国大会で4位に入ることも出来たので、全国的にもかなり強い部類に入ると思います。


安部
おぉ、小学生にして早くも全国4位になるとは、スゴいですね!!

その頃は、すでにGKをされていたんですか??

友兼さん
はい、GKは小学4年生の頃から始めていました。

小学4年生の頃、6年生の先輩GKの方がノーマークシュートをセーブし、リバウンドからのノーマークシュートをセーブし、再びリバウンドからのノーマークシュートをセーブするという3連続ノーマークシュートのセーブをした瞬間を見ました。その瞬間「GKって、かっこいいな」と思って、僕も始めることにしました

安部
その先輩GKのノーマークシュートの連続セーブに憧れて、GKを始めたんですね!!

実際にGKを始めた頃、何か心に残っていることってありますか??

友兼さん
最初の頃、見よう見まねでGKをやっていましたが、試合でノーマークシュートを止めたことがありました。

その時に、応援しに来てくれていた親も喜んでくれたのが、心に残っています

安部
確かに、自分のプレーで親が喜んでくれるって、子どもにとってかなり嬉しいですよね!!

僕も、自分のプレーで親が喜んでくれる姿を見て、嬉しいんだか恥ずかしいんだか、よく分かんない気持ちになったのを思い出しました笑

中学、高校のハンドボール

安部
中学生では、ハンドボールの成績はどんな感じだったんですか??
友兼さん
全国大会2回戦進出が最高で、そこまで良い成績ではなかったと思います。
安部
いやいや、充分スゴすぎる成績ですよ!!笑
友兼さん
この全国大会出場ですが、1つ誇りに思っている部分もあります。

自分たちの1つ上の代が全国大会に出場した時は、開催地枠で全国大会に出場しました。それに対して、僕達は自力で県大会、北信越大会を勝ち抜いての全国大会の出場でしたので、その点はスゴいかな〜と笑

安部
おぉ、それもスゴいですね!!

僕なんて、もう全国大会どころか、四国大会にも出場出来ていないので、本当にスゴいと思います!!ただ、僕に語彙力がなさすぎて、「スゴい」しか言えてないですが笑

ちなみに、昆さんや佐藤さんにインタビューした時に、中学校ではひたすらランニングしてた。という話しが印象的でした。友兼さんは、どんな練習してましたか??


友兼さん
そうですね、今でも中学の部活の人たちと会った時に言われるんですが、練習中にしれっと見えづらい所に隠れて大の字で寝てたことがあります笑

安部
おぉ、そんなエピソード、初めて聞きました!!笑

ただ、友兼さんのような素晴らしい選手でも、実はこんな一面があったんだと知れてのは、個人的にとっても意義深いことのように感じます。

進学された北陸高校では、1つ下の代に升澤さんいますよね?? →
慶應義塾大学2年 升澤圭一郎さんのインタビュー


友兼さん
はい、そうですね!!

実は、高校に入るまで同じチームではなかったのですが同じ福井県ということもあり、小学生、中学校と彼のことはすでに知っていました。

安部
升澤さんは、文武両道を大事にされていましたが、友兼さんはいかがでしたか??

友兼さん
勉強は全くでした笑

「ハンドボールをしに、北陸高校へ来た」といった感じです。


安部
その北陸高校でした試合で、印象に残っている試合はありますか?? 

友兼さん
高3のインターハイですね。

その時のインターハイは、1回戦で岩国工業高校との対決でしたが、その試合はスポーツイベントハンドボールにも要注目とされるほど、観客も多く、非常に盛り上がりました。

しかし、試合中にポストが熱中症で倒れてしまいました。そのポストが試合会場から運ばれていく時に、

「尚也、任せたぞ」

と言われ、とても気合が入ったのを覚えています。その試合は、一進一退の攻防が続きましたが、最終的には勝利することが出来ました。

しかしながら、そのまま優勝までイケるかと思っていたのですが、準決勝で自分の調子が本当に悪く、リズムに乗れず負けてしまいました。あの頃、なぜ調子が悪かったのか分かりませんが、自分のせいで負けてしまったと、深く反省しました。

安部
確か、陸上の為末さんの著書で「なぜ負けたのか、本当に分からない勝負がある」という趣旨の内容があったように思います。もしかしたら、そういった領域の勝負の世界だったのかもしれませんね。

対戦相手の選手で、特に印象に残っている選手はいますか??


友兼さん
今、同じチームにいる村田宗一郎です。

彼はその長身を活かし、正サイドでサイドシュートを打ってくるので、非常にとめづらかったのを覚えています。その彼は、今年から怪我明けでプレー出来るようになると思うので、今年の日体は正サイドに注目してください!!


安部
おぉ、それは楽しみですね!!

僕はもう早く春リーグ開幕してくれないかなと、本当に心待ちにしてます!!

アンダーの選抜

安部
友兼さんって、これまでアンダーの選抜って何に選ばれましたか??

友兼さん
こんな感じです!!
U19:アジア選手権、男子ユース世界選手権
U21:世界男子ジュニア選手権
U22:東アジア選手権
U24:世界学生選手権

安部
おぉ、各世代に選ばれ続けているって、素晴らしいですね!!

印象に残っている試合はありますか??

友兼さん
U19のアジア選手権で、世界選手権の出場切符を争った、開催地枠のバーレーンとの3位決定戦です!!

僕は後半途中から出場していて、けっこう当たっていて、調子が良い状態でした。試合は前後半で決着はつかず、同点で延長戦に入りました。

延長戦では1点リードし、ノータイムで相手のシュートを止めれば勝利。。。という状況で、相手のシュートをセーブし、無事1点差で勝利することが出来ました。

その時、コーチの山口さんとまっさきに喜びを分かち合ったり、ベンチ外の選手とも共に勝利を喜び、本当に嬉しかったのを覚えています。

安部
1点差を守りきっての勝利というのは、心に残りますね!!

最後に

安部
それでは、最後に大切にしている言葉を教えてください。

友兼さん
「団結和協」です。

大学として大切にしている言葉であり、僕自身とても大切にしている言葉です。

インタビュー中「友兼さんって、絶対に周りから好かれるタイプだよな〜」と、彼の素晴らしい魅力を感じ取れました!!彼が副将を勤める日体大ハンドボール部は、春季リーグ要注目です!!

以上、日本体育大学3年友兼さんへのインタビューでした!!

Handball Japanの更新は、公式Twitterにて受け取れます!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。
湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

This article has 4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です