【順天堂大学3年 佐藤草太さん】「確固不動」の強い気持ちで、厳しいリーグ戦を勝ち上がっていく


この地にようやく来ることができました。

今回、順天堂大学主将の佐藤草太さんにインタビューを行いました!!また、佐藤さんのご好意で、順天堂大学の練習も見学させていただきました。

ということで、佐藤さん、そして順天堂大学ハンドボール部の魅力あふれるインタビューとなりましたので、是非ご一読ください!!

インタビュー開始

安部
佐藤さん、本日は練習も見学させていただき、ありがとうございました!!色々感じることがあったので、是非そのあたり聞かせてもらえればなと思います。

本日はよろしくお願いいたします。


佐藤さん
よろしくお願いします!!

安部
まずは、佐藤さんのハンドボール人生を知りたいので、教えてください!!

いつ頃からハンドボールを始めましたか??

佐藤さん
小学2年生の頃、ハンドボールをやっていた母親の勧めでスポーツ少年団に入ったのがキッカケです。

入団する前は、父親が僕に野球を勧めていたので、父親と野球をやっていました。

安部
へぇ、野球もやってたんですね!ちなみに、ハンドボールを始められた頃、何か覚えていることありますか??
佐藤さん
そうですね、上級生の人がプレーを見て「かっこいいな〜自分もうまくなりたいな〜」と思ったのを覚えています。
安部
やはり、身近な人に上手い人がいると、なんとかして追いつきたいな〜って思いますよね!

そういえば、佐藤さんって高校は駿台甲府でしたよね。その時は、最高成績はどの位でしたか??

佐藤さん
インハイのベスト8が最高成績です。

ちなみに、その時の相手は北陸高校でした。

安部
おぉ、ここでも北陸高校の名が出てきましたか!!色んな方にインタビューしましたが、北陸高校と激闘した方が多いんですよね。

その後進学先で、順天堂大学を選んだ理由はなんですか??

佐藤さん
キッカケは、高校の監督からの勧めでした。

実際に順天堂大学の試合を見た時に、当時は2部に所属していましたが、チームの雰囲気がとても良く、ここでハンドボールしてみたいなと思ったのが理由です。

安部
なるほど、当時から雰囲気はかなり良い感じだったんですね!!

確かに、僕が拝見した練習でも、かなりキツい状況でも、お互い声を掛け合って、かなり雰囲気が良かったですしね!!


※ラントレの最後にやっていたシャトルラン。間違いなくツラい練習でありながら、皆で励まし合って、乗り越えている姿が印象的でした。

こういった雰囲気作りは、何か心がけていることがあるんですか??

佐藤さん
自分含め、最上級生全員が「ネガティブなことを口にしない」「積極的に声をかける」を大事にしています
安部
1人だけで雰囲気を作っていくのではなく、みんなと一緒に雰囲気を作っていくということですね!!

同期から見た佐藤さんは。。。

ここで、同席してくださった同期の坂さんにも話しを聞いてみました。

安部
坂さんから見て、佐藤さんはキャプテンとしてどうですか??
坂さん
1、2年生の頃はめちゃくちゃ寡黙で、全く喋らないタイプでした。

ただ、キャプテンとして、周りに積極的に話しかけるようになり、頼れる存在だと感じています

安部
おぉ、めちゃくちゃ褒められてますよ!!

実際に、キャプテンとしてここスゴいぞ!ってポイントは他にもありますか??

坂さん
やるってなったら、サボらずやりきる所ですね。

そうやって後輩に背中を見せる姿、スゴいと思います

安部
おぉ、予め仕込んでたと疑っちゃう位、褒められてますね!!笑

ちなみに、試合中の佐藤さんってどんな感じなんですか??

坂さん
うーん、おとなしいって感じです笑
佐藤さん
そうですね、あまり感情を表に出すのは得意ではないですね。

試合中にも僕はガッツポーズしてるつもりなんですが、周りから「ガッツポーズしろ!!」って言われます笑

安部
これは、佐藤さんの試合の様子も要チェックですね笑

ちなみに、キャプテンとして嬉しかったことは何かありますか??

佐藤さん
僕達が組んだツラい練習メニューも、チーム全員が声を出してやりきってくれる所が、とても嬉しいです。

今日の練習でも、キツい中、声を掛け合って、乗り越えていけるチームの団結力は、順天堂の強みです。

トレーナーが奔走している姿が印象的

安部
ちなみに、練習中、トレーナーの方が所狭しと動き周り、いろんな方のケアに奔走している姿が印象的でした。

順天堂大学として、怪我の予防は注力しているんですか??

佐藤さん
はい、僕達は決して選手層が厚いチームではないので、1人1人の怪我予防には気を使っています。

また、トレーナーからも積極的に「怪我に気をつけろ」と、注意喚起してくれていますので、とても有り難いです

安部
大事だけど、つい日常的に疎かにしてしまいがちなことを、積極的に言ってくれる方の存在はとても有り難いですよね!!

最後に

安部
それでは、最後に大切にしている言葉を教えてください。

佐藤さん
チームのスローガンである「確固不動」です。

昇格を目指してのリーグ戦は、とてもタフな試合が続きます。だからこそ、一度決めたことは揺るがずに、妥協せずにやりきっていきます!!

順天堂大学のリーグ戦がより楽しみになる言葉でインタビューを終えました。熱い気持ちを持つ佐藤さんがキャプテンの順天堂大学は、きっとこの春に1部に返り咲いてくれると信じています!!

以上、順天堂大学3年佐藤さんへのインタビューでした!!

Handball Japanの更新は、公式Twitterにて受け取れます!!

Masanori Abe
中学、高校とハンドボール部で青春時代を過ごし、大学からは観戦メインのハンドボーラー。ハンドボールが好きすぎて、スポーツ×ITの会社を創業し、スポーツライブ観戦サービスを制作、運用中。リリース済みのiOSアプリは、Appleから年間のベストアプリに選出される。 湧永製薬2番、谷村選手が憧れの選手。

This article has 1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です